動画サイトは非常に一般的

今やインターネットの世界において動画サイトは非常に一般的なものになりました。インターネットユーザーで動画サイトを全く見たことない人はごく稀と言えるでしょうし、その中でもYouTubeは世界最大規模の動画サイトです。そのため、YouTube動画広告を用いる企業は非常に多くなっています。ただし、YouTube動画広告はむやみやたらに使えばよいというものでもない可能性は大きいです。例えば、動画再生の前の数秒間だけ強制的に広告の動画を見せるといった手法はありますが、これは高確率で関心を引くことができるでしょうが、その効果が必ずしもよいものになるとは限りません。

見どころのシーンの直前でCM

これはテレビ放送を例にすると、見どころのシーンの直前でCMに入るようなもので、そのような状況で放送されたCMの商品の売上はあまり良くならないといった話はまことしやかに語られています。このテレビでの話はいくらか誇張はあるでしょうが、YouTube動画広告で考えると、見たい動画の前に挿入されていらいらさせられることは決して稀とは言えません。あまりにしくこく広告を行ってしまうと、逆に視聴者からの反感買ってしまう可能性は十分にありえます。YouTube動画広告は強力は方法とはなりえますが、関心の引きやすさと反感の買いやすさがトレードオフにならないように効果を最大にできるように心掛ける必要はあるでしょう。広告費をかけて逆効果になるような事態だけは避けたいものです。

更新履歴

ホームページの更新履歴です。

2006/11/19
サイトリニューアル
2006/11/19
サイトリニューアル
2006/11/19
サイトリニューアル